menu

PAGE TO TOP

武田クリニックメールマガジン 第352号

2018.04.14

医院長 武田より

こんにちは。4月の温かい風を感じますね。
今回は『血液透析』についてお話します。
糖尿病では血糖のコントロールが悪いと、15~20年で腎臓の機能が低下し
血液透析が必要となってしまいます。
血液透析とは、腎臓の機能がなくなり、体にたまってしまった水分や毒素を
4・5時間かけて取り除く治療です。
尿が出なくなるため水分摂取量も制限されます。

また、通常週3回透析施設に通院する必要があります。
血液透析にかかる医療費は一人当たり年間約500万円になります。
血液透析にならないよう、日頃から血糖を低く抑える必要もありますが
血圧も130/80mmHg以下に抑える必要があります。
塩分の摂りすぎには注意し、それでも下がらない場合は薬で下げることも必要です。

心配な事や気になる事があればいつでもクリニックのスタッフにお声をかけて下さい。

永田医師より

4月より毎週水曜日の午前中の診療を担当させていただく永田栄一郎と申します。
専門は神経内科で脳卒中やパーキンソン病、認知症など幅広く診察しておりますが、
特に頭痛を専門としております。

このような症状がありましたらご相談いただければと思います。
よろしくお願いいたします。


あざみ野坂の上クリニック 武田クリニックfacebookページ

Copyright (C) Takeda Clinic . All Rights Reserved.